シチリア、感覚の天国

シチリア

2月も終わりに近づき、ようやく春の徴候が見え始めました…新しい季節の到来が待ちきれない人は、フランスから飛行機でたった2、3時間のシチリア島への旅を計画すれば、春はさらに早くやって来ます。

ヨーロッパ最大のこの島には、他では見られないようなバラエティに富んだ景色が広がり、山岳、丘陵、海岸、草原、そして火山まであるのです ! 滞在中は、島巡りをしながら毎晩異なる場所に宿泊して島全体の美しさを体験してみるのもいいですし、パレルモ北部やカターニア東部の海岸に腰を落ち着けることもできます。

魔法のような景観

東部を選ぶならば、歌手アンリ・サルヴァドールが訪れることを夢みたという雄大な都市シラクサから出発するのがいいでしょう。そこからは海岸沿いにメッシーナ、そして有名な海峡まで行くことができます。このルートはエトナ山麓の丘陵にある魅力的な街、タオルミーナを通過します。フランス人作家のギー・ド・モーパッサンは、かつてこう言いました。「シチリア島でたった一日だけ過ごす男に何を見るべきかを尋ねられたら、私はためらうことなく『タオルミーナ』と答えるだろう。」それは、単なる景観とはいえ、目と心と想像力を魅了するためにこの世に作られたかのような景色なのです。

薫り高いシトラスフルーツ

早春のシチリアを訪れると、花咲くオレンジとレモンの樹が話題の中心となります。目に美しいだけでなく、そのエキゾチックな芳香がたちまち休暇の気分を演出してくれます。少し後のシーズンには、ブーゲンビリアの枝とその紫の花が果てしなくぶら下がって建物の正面を覆い、シュロやキョウチクトウとコントラストを醸し出します。

シトラスフルーツの話に戻ると、シチリアはまさにオレンジ (特に美味なのがブラッドオレンジ)、レモン、みかん、グレープフルーツの島です。それぞれ優れた品質の果物が、非常に大きな生産量 (イタリアの柑橘類の60%はシチリア産) を誇り、その素晴らしい出来高によって、EUが規定しているAOP認定がリベラ オレンジに、IGP認定がシラクサ レモンとシチリア ブラッドオレンジといったフルーツに与えられました。

シチリア島はナッツの宝庫です。現地では、アーヴォラ産アーモンドを食べたことがなければアーモンドを食べたことにならないと言われるくらい、その完璧な楕円形と独特の香りは確かに比類のないものです。エトナ山の麓にある街、ブロンテで生産される有名なピスタチ.