お茶

マカイバリ:収穫からインフュージョンまで、特別なお茶

マカイバリ

 

マカイバリのお茶は、インドの同名の茶園で毎春収穫されます。そして、ダージリンの特徴である繊細で青みあるノートのお茶になる前にケースに詰められます。この素晴らしいお茶について、もう少しだけご説明しましょう。長年にわたり培われてきた伝統に則って行われる収穫について、詳しく見てみましょう。

マカイバリとは ?

マカイバリとはネパール語で「トウモロコシ畑」を意味し、この茶畑はブータン、チベットへと広がるヒマラヤ山脈の丘陵に位置します。1859年以来、細心の注意を払い情熱をもって耕作されているこの緑溢れるインドの地域には、動物相と植物相が調和を保って共存し、茶樹に独特のフレイバーを与える素晴らしい品質の土壌を形成しています。

ファーストフラッシュ

毎年、一番摘み (またはファーストフラッシュ) は、気温が上がり日が長くなり始める頃に行われます。この時点で茶樹は五ヶ月間冬眠しています。新芽は注意深く摘まれ、独特でデリケートな風味のお茶になります。

特別である理由 ?

ダージリンは紅茶のシャンパンとして名を馳せ、なにより独特の洗練された風味を特徴とした素晴らしい製品です。このお茶には、シャンパンと同じように独自の原産地名称保護があります。「ダージリン」という名称を付けることができるのは、この地域で産出されるお茶だけなのです。

FTGFOPとは ?

この頭字語 は、摘まれた茶葉の繊細さによって与えられた等級です。文字数が増えるとお茶の品質も上がります。

この等級の頭字語は、「最高級の繊細なゴールデンフラワーからできたオレンジペコー」を意味します。 

マカイバリのお茶の淹れ方

このお茶には、茶樹の先端にある蕾と最も壊れやすい二葉の新芽のみが使用されています。貴重な茶葉が、その繊細な芳香を十全に出し切ることができるよう、取り扱いには細心の注意を要します。

お湯の温度は約167°F (75℃)。茶葉は3分以内、理想的には2分半、浸出させます。

ご存知ですか ?

マカイバリ茶園のオーナーとパートナーは、「お茶にとってのダージリンは、ワインにとってのシャンパンのようなもの」と表現するのを好みます。インドのナレンドラ・モディ首相は、名高いマカイバリティーを英国のエリザベス女王二世に進呈しました。

希少なものは貴重、大変価値のある贈り物でした…

2018年のファーストフラッシュに興味のある方は、このリンクをチェックするか、来週以降に店舗にお立ち寄りください。