お茶

メイド・イン・フランス

メイド・イン・フランス

 

クスミティーをよくご存知の方でも、舞台裏で本当のところ何が起こっているのか不思議に思われているかしれません…例えば、あなたの好みのお茶はどこで作られているのでしょうか ? それでは内部を紹介します !

 

クスミティーのプロダクションワークショップ (約2500 m²) と、物流倉庫 (6600 m²) は、ノルマンディー地方のサン・ヴィゴール・ディモンヴィルにあります。このロケーションは、隣にある街ルアーヴルがクスミの生まれたサンクトペテルブルクの姉妹都市であることを考えると、大変象徴的です ! ワークショップは完全なインソース方式で機能しており、ブランドが生産過程を完全にコントロールできるようになっています。ノルマンディーの倉庫で梱包されたお茶は、フランス及び世界中に発送され、35カ国以上の国で販売されています。

 

クスミのワークショップを訪問する機会があれば、職人技を組み合わた近代的な生産方法と、昔ながらの伝統を取り入れた最先端の専門知識が継承されていることに驚かれるでしょう。最新の高性能装置と並んで、数知れない熟練を要する作業が手作業で行われ、最高級の原料を使った素晴らしいクオリティのお茶が生まれるのです。

 

ブレンド、香り付け、梱包 !

クスミのビジネスモデルのおかげで、どの生産工程も同じ場所で行われます。ブレンドは巨大なシリンダー内で行われ、非常に魅力的なアロマが香り立ちます。レモン、ベルガモット、ミント、レッドフルーツなどのフレイバーが調合され、お茶は缶またはティーバッグに詰められます。ティーバッグ自体が生分解性の天然繊維で作られており、その生産もサン・ヴィゴール・ディモンヴィルで行われています。クスミは少し前からこの部門の移転を開始し、2018年末までにはすべてのブランドのティーバッグがフランス・ノルマンディーで生産されることになります。

 

フレンチファブ

移転の勢いに推進されて、クスミティーはフランス公的投資銀行のBPIFranceに統率されるフレンチファブ・ビジネスネットワークに加盟しました。フレンチファブは、「フランスの技術と産業のエコシステム」を代表する企業をひとつにまとめることにより、この国の高度技術と産業を促進することを目的に結成されました。つまり、フランス産業界を牽引するリーダーが入るべきものなのです ! クスミティーは、このエキサイティングなプロジェクトに参加し、2017年10月の設立当初からの会員であることを誇らしく思います。

お客様のますます高くなるスタンダードを満たし、革新の限界をさらに押し広げていくことを運任せにはできませんから !