サンクトペテルブルクの白夜

サンクトペテルブルク

 

サンクトペテルブルクは多くのアイデンティティーをもつ都市ですが、そのユニークな特徴のひとつに毎年2ヶ月の間、日が沈まないことがあります。

どこか非現実的な雰囲気が漂うこの街、1703年に建設したのはその名も(この雰囲気に)ぴったりなピョートル大帝 (身長 6フィート7 / 204 cm !)。彼はこの街が「西洋を見渡すロシアの窓」になることを希望しました。

ネヴァ川のデルタに位置したこの都市は、サンクトペテルブルク、ペトログラード、レニングラードの名で知られています。長年に渡るエカチェリーナ2世の黄金の治世に立ち会い、レーニンとして知られたウラジーミル・イリイチ・ウリヤノフという男がこの都市にやってきました。1914年にロシアがドイツと戦争を始めると、ペトログラード、そして1924年にボリシェヴィキ党創設者にちなんでレニングラードと改称されました。神聖ロシア帝国の最初の首都で、ちょうど今から100年前の1917年勃発の革命の前夜には、いち早く不穏な空気が感じられた場所でもあります。

名前はどうであれ (1991年に国民投票でサンクトペテルブルクという呼称が復活しました)、かつてプーシキン、チャイコフスキー、ストラビンスキー、ニジンスキー、ディアギレフ、その他大志を抱いた者たちの故郷だったこの都市は、「同じであることがなく、別人でもなく」という興味深い才能をもっています。そして、これは沈まない太陽のせいなのかもしれません…。この神秘的な現象は5月下旬に始まり、50日間ほど続きます。この期間、サンクトペテルブルクは霧に覆われ、一日中何時になってもぼんやりと薄暗い光が差しています。「穏やかな透明の黄昏。あなたの眠れない夜は月のない閃光」、とアレクサンドルー・プーシキンは、ネヴァ川を見渡すピョートル大帝の騎馬像の呼び名になった叙事詩『青銅の騎士 (The Bronze Horseman)』の中で、白夜のことをこのように描写しました。

北極圏の他の土地と同じように、サンクトペテルブルクは夜間に特殊な太陽の存在を愉しむことができる場所です。太陽が沈んでも、我々の星は夜暗くなるほど地平線の下まで下がらないのです。そして、ゆっくりと夕暮れが夜明けになり、新しい一日が始まります。街がこの奇妙な薄明かりに包まれ、花崗岩の並ぶ運河沿いをそぞろ歩く散歩中の人々は、宮殿広場を過ぎ、聖イサアク大聖堂、エルミタージュ美術館、ネフスキー大通りまで来ると、時間の感覚をすっかり失ってしまいます。このどうしようもなく奇妙な雰囲気の中、独特の光と香りに満たされて現実の束縛から開放された訪問者は、終わりなき騒乱と祝祭の訪れを告げる夜の太陽の光を浴びて長い冬を忘れ去るのです。

© Shutterstock